読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肆の伍の03 -【お金が欲しい】

壱「お金が欲しい」

 
-
 
弐「優しいパパにお願いしたら?」
参「含蓄があるね」
壱「リスクもなく楽にお金が欲しい」
弐「両面コピー印刷とかは?」
参「最近のコピー機はお札コピー出来ないらしいよ」
壱「んな酷な」
弐「私もツッコミに回った方がいい?」
参「当番制とかじゃないから」
弐「2人がそう言ってくれるなら私も頑張るよ」
壱「何を?」
弐「どうやって錬金するかじゃなかった?」
壱「錬金?」
参「等価交換だ」
壱「それだと代償が必要だね」
弐「やっぱり春かな」
参「リスクだらけだね」
弐「内臓とか」
壱「リスク増えた」
弐「腎臓の一個や二個、大差ないって」
参「二個抜くと死んじゃうよ」
壱「じゃあ一個」
参「どの筋にお願いすればいいのかな」
弐「ヤの字」
壱「リスキーだなどれも!うわぁん!」
弐「あっ!」
参「……何?」
弐「……いや、なんでもない」
参「なんでもないとか言われると気になっちゃうじゃん」
壱「勿体ぶらずに言ってみなって」
弐「いや、リスクがあるなぁと思って」
参「いいよいいよ」
壱「ヘイ、カモン」
 
-
 
弐「アルバイトをする」
 
-
 
壱「等価交換かぁ〜……」
 
「お前ら錬金でもするのか」
弐「腎臓を抜くアルバイトです」
「そうか、帰れ」
参「んな酷な」